縄跳びの練習を一生懸命やる

一生懸命やることが大事

仕方ないですが、冬になって日が短いのがちょっと嫌です。

 

朝日が出るのが遅いので洗濯物を干す時間が遅くなってしまいます。

 

日が沈むのが早いので、子供が保育園から帰ってからお外で遊ばすことが出来ません。

 

実はこれが一番の悩みどころかもしれません。年長の娘は外遊びが大好きで、夏は保育園から帰ってからすぐに友達と遊び、19時頃まで遊び続けました。

 

真っ暗になるまで遊び続ける娘によく私が怒ったものです。

 

 

冬は日が短いので、保育園から帰ると真っ直ぐ家に帰ります。それを娘が嫌がり友達の家まで呼びに行ってしまうのです。

 

有り難い事に友達も娘と遊びたいのか、お庭でしばらく遊びます。しかしすぐに暗くなってしまい、数十分で仕方なくお開きとなってしまうのです。

 

 

夏は家に入ってくれない娘に良く怒った私も、冬に家の中で暇そうにしている娘を見るとちょっと可哀想になります。やっぱり思いっきりお外で遊ぶ子供達の姿を見るのは嬉しいものです。

 

 

冬はついテレビを見せたりしがちですが、なるべくお絵かきをしたり絵本を一緒に見たりして、仲良く過ごしたいです。

 

お友達を家にお招きして皆でワイワイするのも良いですが、やっぱり外の方が子供達もストレス発散するみたいです。その方が夜すぐに寝付いてくれるので、こちらとしても楽ちんです。

 

 

今日も外で数十分だけ遊びましたが、その時皆で縄跳びをしていました。

 

 

娘は下手くそですが、友達に教えてもらって一生懸命練習していました。少しずつ上達すればいいなと思います。